『自分で治せる身体づくり』

北川北川

金沢市若松町【痛みと歪みの根本ケア】整体院 楽わの院長きたがわのブログ『楽話』へようこそ!


コップに水を注ぐ
当院がおすすめしている、飲むと一瞬で身体までやわらかくなる水。

私はその水のことを〝魔法の水〟と呼んでいます。

今回は、その魔法の水レシピをご紹介します。

とっても簡単・効果的に水分(+塩分)補給ができる最適な方法だと思うので、ぜひご覧ください。

簡単すぎてガックリこないでくださいね。

とにかく水分補給は大切です

水分補給に大切なもの

さて、この時期はどこでも言われている〝水分補給〟ですが、あなたは意識しているでしょうか?

 

頻繁に耳にしすぎて、慣れちゃってはいませんか?

 

よくよく、水分はこまめに摂りましょうとか、1日1〜1.5リットル必要ですなんて言われています。

 

もちろん、必要最低限の摂取量は必要です。

 

ただ、今回私が注目したいのは運動の場合と同じく『』なんです。

 

水分補給に最適な飲み物は?

ひとくちに水分と言っても以外に、お茶からスポーツドリンクまで様々ありますよね?(ビールはなしで♪)

 

それらには不純物が混ざっていて、スポーツドリンクに関しては糖質が結構な量入っています。

 

場合によっては、スポーツドリンクの方が良い場合もあるかもしれませんが、吸収速度や糖質のリスクを考えて頻繁に飲むことは避けたいところです。

 

気にしたらとっても気になるんですけど、気にしないと身体には悪影響になる場合もありますからね。

 

中学生が水分補給でスポーツドリンクを愛用していて糖尿病になったという話もありますし・・・くわばらくわばら。

 

そもそも、美味しくないと誰も買わないので、栄養補給よりも味を重視しているという裏話もあります。

 

おっと、スポーツドリンク批判みたいになってしまい申し訳ありません。

 

一応、そのようなデメリットがあることは押さえといてくださいね。

 

ということで、当院が水分補給に適していると思うのは、やはり人畜無害で生命体に必要不可欠な『水』がベストだと思います。

 

当院おすすめ!水のレシピ

水分補給に最適な魔法の水の作り方

当院がおすすめしている魔法の水は、ただの水ではありません。

 

正体は『塩水』です。

 

・・・

 

そ、想定内でしたか・・・

 

ただし、塩水といってもその配合の割合が大切なので、重たい目(まなこ)をしっかりと見開いて、レシピを脳裏に焼き付けておいてください。

【魔法の水レシピ】

用意するのは水と天然の塩です(ですよね〜♪)。

[list class=”stitch-orange”]

  1. コップ一杯の水(200ml程)
  2. 少量の塩(小指の先をつけてくっつく程度の量)

[/list]

塩水と言っても、ほんの少量しか塩を入れないので味はほぼ水です。

 

身体には浸透圧というものがあり、水を体液に近い濃度にすることで吸収率がグンと良くなるという仕組みです。

 

注射器を使って、肩こりなど筋膜の治療だったり、五十肩などの治療にも使われていたりします(→生理食塩水)。

 

前屈運動を用いて、飲む前と飲んだ後で柔軟性を比較しても面白いかもしれませんね。

 

本当におすすめなので、ぜひ実践くださいませ。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!