『自分で治せる身体づくり』

北川北川

金沢市若松町【痛みと歪みの根本ケア】整体院 楽わの院長きたがわのブログ『楽話』へようこそ!

腰痛に腹筋強化という誤解

腰痛でお悩みのあなた、「腹筋を鍛えましょう」と言われて必死で腹筋運動をがんばった経験はありませんか?

実はこの情報、言葉だけが一人歩きしてしまい本当の意味を知らない方も多いと思います。

今回、このことについて真意をお伝えさせていただきます。

腰痛対策の主力3本柱

本来、姿勢を保つための支える力は主に3つあります。

脊柱起立筋・背骨・腹圧です。

身体的に考えると、お腹の力が弱くなると腰回りの支える力が弱くなるので背骨や脊柱起立筋に負担がかかりやすくなります。

なので、お腹の力を鍛えることで腰回りの支える力を強くしましょう!

となるわけなのですが、伝わる過程でだいぶ省略されて「腹筋を鍛えましょう」という風に伝え広まったのです。

なので、よく言われている「腹筋を鍛えましょう」は正解ではないのです。

腰痛に間違った腹筋運動

一般的に認識されている腹筋運動は、本来なら身体を曲げる為の筋肉である〝腹直筋〟を鍛える運動です。

この腹直筋を鍛えるための腹筋運動ですが、正しく行うことは意外に難しいです。

そのため、間違った動作や違う筋肉を使ってしまうことで、腰や首が痛くなったりするデメリットが生じやすいのです。

腹圧とイメージ方法

腰回りの支える力を強化するポイントは〝腹圧〟です。

この腹圧を意識できるように強化することが、腰痛を改善する上でとても重要になってきます。

腹圧のイメージ図

腹圧を作用させるイメージとしては、お腹の中で風船を膨らませてキープする感じです。

例えば、手をグーにしてお腹を叩いてみるとグッと力が入り硬くなると思います。

その時のお腹に力が入った感じが腹圧を使っている感覚です。

トレーニング方法としては、腹式呼吸やメディスンボールなどがあります。

この〝腹圧〟が強化されコントロールできると、脊柱起立筋や背骨の負担を軽減させることができ、結果的に腰痛改善につながるというわけなんです。

腰痛でお悩みのあなたは、ぜひ〝腹圧〟を鍛えて腰痛対策をしっかりと行っていきましょう!

下にあるリンク先では、簡単にできる腹圧トレーニング法をご紹介しています。

ご質問等ありましたら、当院までお気軽にお問い合わせください!

※腹圧のトレーニング方法はこちら→腰痛のための筋トレ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

『自分で治せる身体づくり』
金沢市若松町【痛みと歪みの根本ケア】
整体院 楽わ
〒920-1165 石川県金沢市若松町南34 ビダ・ボスカジ1階
change@rakuwaseitai.com
080-2956-5717

楽話エンディング