『自分で治せる身体づくり』

北川北川

金沢市若松町【痛みと歪みの根本ケア】整体院 楽わの院長きたがわのブログ『楽話』へようこそ!


保険証
「ケガをした」「持病の腰痛がつらい」などで困っている。

整体・整骨院・病院など治療院はたくさんあるけど、一体どこに行けばいいのかわからない。

そんなあなたのために、こんなときはどうするのか?

保険の適応から受傷時期、各種疾患の特徴や注意点について簡単にまとめてみました。

ぜひご参考にしてください。

保険適応?急性?こんな時どうする

保険が使える所と使えない所

1.保険適応(保険が使える)


  • 整形外科
  • 整骨院および接骨院(受傷原因が必要)
  • 鍼灸院(医師の同意書が必要)

※保険はケガなど急性の場合に限るので適切にご利用ください

2.保険外(保険が使えない)


  • 整体院
  • マッサージ店
  • エステ

※日常生活からくる、慢性的な腰痛・肩こり・慢性疲労・体調不良・年齢からくる身体の痛みなどは「保険の適応外」なのでご注意ください

急性(ケガ)か慢性(長期)か?

どっちにしようか迷う女性のシルエット

接骨院の場合「道を歩いていたら溝にはまり足をくじいてしまった!」など、はっきりとした受傷原因がある場合は保険適応となります。

慢性の症状に対して、何かと受傷理由をつけて保険適応にしている接骨院もあります。

しかし、これは不正請求になるので知らずに加担しないようにしましょう。

保険の方が安いからと、安易に考えずに正しくご利用ください。

保険適応となるのはこんな時(急性)

包帯を巻いてある急性の怪我

基本的に、ケガなど急性の場合は整体ではなく病院や接骨院を選択したほうが無難です。

骨折

骨折を疑う場合、まずは病院へ行きましょう。

骨折の場合は整復(下記参照)や固定法など、正しい処置をしないと見た目の問題や麻痺・しびれなどの後遺症を残す可能性があります。

接骨院はなるべく、ケガなど外傷経験が豊富な所を選びましょう。

→まれにですが、続発症で命を落とす危険性もあります。
整復=骨折や脱臼によってずれた骨を元の解剖学的な位置へと戻すこと

※処置が遅れると患部の状態把握がしづらくなり、整復困難により全身状態や周囲の組織・骨の癒合などに悪影響があるため、できるだけ早めにみてもらいましょう

捻挫

初期は病院や接骨院などが無難でしょう。

たかが捻挫といって軽く見ていると、場合によっては骨折よりも治癒に時間がかかる場合があります。

特に受傷初期の段階では、固定などの処置を正しく行わないと靭帯の緩みなど関節の不安定性が起こり捻挫を再発しやすくなります。

捻挫がクセになると言われる所以ですね。

打撲

基本的には放置しても自然と治っていくものなので、初期の処置(RICESの法則)を正しく行っておけばそれほど気にしなくてもよいでしょう。

ただし、打撲の範囲が広範囲に及ぶ時は致命的な臓器障害を起こす可能性があるので病院へ行きましょう。

また、打撲の際に内出血を起こしている場合は、その出血が血腫を形成し、そこから瘢痕化に進むと筋肉の柔軟性が低下し、以前よりもケガをしやすくなる可能性があります。

肉離れ

太ももの裏やふくらはぎ、二の腕の筋肉(ひじを曲げて力こぶができる部分)などが条件的に起こりやすくなっています。

特に、スポーツ系の疾患が得意な病院や接骨院(超音波画像検査があると◎)で処置をしてもらいましょう。

受傷初期に整体へ行くことは、事故につながったり予後に影響を及ぼすリスクが高くなるためさけた方が無難です。

脱臼

脱臼は俗に言う関節が外れた状態で、病院および接骨院を選択しましょう。

整復が必要な場合、接骨院では麻酔がないため痛みに耐えられる方でないときついです(結局は先生の腕次第)。

無理な整復は周囲の組織を痛めてしまう恐れがあるので避けるようにしましょう。

小さな子供の場合(肘内障)は、比較的簡単に処置できるので接骨院でも大丈夫です。

肘内障=幼児に起こりやすく、親が不意に子供の手を引っ張ることで起こる軽い脱臼様の症状

※肘内障を疑う場合は、子供にアメを差し出してみましょう(肘内障なら痛みで手を伸ばせないはずです)

保険適応とならないのはこんな時(慢性)

腰痛・肩こりなど慢性の症状がある女性

上記以外の慢性的な症状については、整体などの代替療法が成果をあげている分野です。

また、上記のケガなどで急性期以降のケアや予防に関しても整体で行うことをおすすめします。


  • ぎっくり腰
  • 腰痛(筋筋膜性疼痛)
  • 坐骨神経痛・梨状筋症候群
  • 脊柱管狭窄症
  • ヘルニア
  • すべり症
  • 変形性関節症
  • 身体の歪み(O脚含む)
  • 肩こり・四十肩・肩関節周囲炎
  • 更年期・自律神経失調
  • 不妊・不眠
  • ダイエットなど体質の問題

ぎっくり腰

急性の疾患なのですが、ぎっくり腰を起こす背景には身体の使い方など日常生活の習慣の中に根本的な問題が潜んでいます。

その習慣を変えるために整体はおすすめなのです。

病院に行っても、湿布の処方と「安静にしましょう」というお決まりの謳い文句でおしまい。

特に、ぎっくり腰を何回も繰り返した経験のある方は、その運動パターンを変えてあげる必要性があります。

身体のバランスや使い方を修正してあげることで、再発リスクを軽減しておきましょう。

筋筋膜性疼痛症(腰・首肩・膝など)

一般的な腰痛・首肩の痛み・膝痛など、結果としてその部位の筋肉および関連部位に損傷が見られる状態です。

痛みの特徴として、身体動作や動き始めなどで感じる場合が多くみられます。

また、マッサージ店の増加とともに、血管事故や神経損傷などの事故も多く報告されています。

無資格および民間資格取得者が行う整体では、不必要な刺激による筋肉損傷および骨折などの事故も報告されているので、慎重に選ぶ必要がありそうです。

筋損傷の再発

過去に打撲などのケガを何度も経験されている方は、損傷時に筋肉の内出血による血腫が形成されることで瘢痕組織(正常組織より柔軟性が低下した組織に置き換わる)が形成されます。

それが原因となり、筋肉内で柔軟性の異なる部分が形成されることで筋損傷の再発をしやすい状態になります。

整体やご自身でストレッチなどして、柔軟性を高めておきましょう。

受傷直後の処置

受傷直後はRICESの法則で悪化を防ぐ!

氷でアイシング

RICESの法則


  1. Rest(安静)・・運動は中止して患部を動かさないようにしましょう
  2. Icing(冷却)・・冷却して炎症抑制・疼痛の軽減を図りましょう
  3. Compression(圧迫)・・周囲の組織や血管を圧迫してに組織内の出血や腫れを最小限に抑えましょう
  4. Elevation(挙上)・・患部を心臓より高くすることで血液・体液の体内貯留を防ぎましょう
  5. Support(支持)・・布やテーピングなどで患部にかかる負荷を軽減しましょう

冷却の際に心臓や胸部、抹消循環障害、感覚障害、心・呼吸器疾患のある方への広範囲の冷却は一般的には禁忌です

また、冷却後はケガにつながるので急激な運動はさけてしばらく安静にしておくことが必要です。

その他、不明なことがある場合は速やかに専門家へ相談しましょう。

※冷やすのは受傷日当日〜翌日までにとどめておき、あとは温めて患部の血行促進を図りましょう

追伸

保険では、どうしても対応に限界があります。

当院では、より深いお悩みにも対応できるように、自費での診療をさせていただいています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

『自分で治せる身体づくり』
金沢市若松町【痛みと歪みの根本ケア】
整体院 楽わ
〒920-1165 石川県金沢市若松町南34 ビダ・ボスカジ1階
change@rakuwaseitai.com
080-2956-5717

楽話エンディング