『自分で治せる身体づくり』

北川北川

金沢市若松町【痛みと歪みの根本ケア】整体院 楽わの院長きたがわのブログ『楽話』へようこそ!


腹筋している女性

腰痛改善のためには腹筋を鍛える!?

「腰痛の方は腹筋を鍛えましょう」

って、聞いたことはありませんか?

もしも、その腹筋を鍛えるための努力が逆に腰痛を助長させているとしたらどうしますか?

今回は、あなたの努力が無駄にならないために、腰痛改善のための腹筋の鍛え方をご紹介します。

 

鍛えるべき腹筋とは?

まず、腹筋には腹直筋腹横筋腹斜筋と3種類あります。

その中で腰痛改善のために鍛えて欲しい筋肉が〝腹横筋〟です。

腹横筋はお腹の周りをぐるりと囲む筋肉で、体幹を支える働きがあります。

腹横筋が弱くなると、支点が背骨および腰部の筋肉に頼ることになるので、腰に負担がかかりやすくなってしまい痛みへとつながります。

腰痛で病院に行くと処方されるものにコルセットがあります。

これを腰に装着すると楽になりますよね?

腹横筋の作用はこれと同じです。

言うなれば『天然のコルセット』なんです。

つまり、腹横筋がしっかりと働いていれば、体幹を支える力が強くなるので、腰の負担が減らせるので痛みの軽減につながります。

 

腹横筋を鍛えるならまずはこれから!

さて、この腹横筋ですが、鍛えるのに簡単な方法があります。

それは〝腹式呼吸〟です。

腹式呼吸の方法
  1. 膝を曲げた状態で仰向けに寝ます
  2. 息を吸う(3秒間)→お腹を凸ふくらませる
  3. 息を吐く(7秒間)→お腹を凹へこませます

 息を吸う時は、リラックスしながら肩に力が入らないように意識して行ないましょう。

※腹式呼吸の方法自体は簡単ですが、実は奥が深く正しく行うのは練習が必要でもあります

 

腹式呼吸は体幹を強くする

腹式呼吸は、その他に横隔膜など体幹を支えている周囲の筋肉群も強化できます。

これを反復することで、体幹の強化腹圧を意識する感覚を身につけていきます。

体得できると、日常生活でのあらゆる動作で体幹が安定するようになり、腰の負担を軽減することができます。

回数の上限はないので、寝る前や朝起きた時など空いた時間があれば、積極的に行なっていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!