『自分で治せる身体づくり』

北川北川

金沢市若松町【痛みと歪みの根本ケア】整体院 楽わの院長きたがわのブログ『楽話』へようこそ!


身体にやさしい野菜

食は未来のあなたをつくります

人体に必要なもの、それは栄養素。

  1. 炭水化物(糖質)
  2. 脂質
  3. タンパク質
  4. ビタミン
  5. ミネラル

などの5大栄養素は一般的ですが、これらに加えて忘れてはいけないものがひとつあります。

それは『水』です。

人間の身体は、この水を含んだ『6大栄養素』がバランスよく摂取されることで健康が維持できているのです。

「万物は水に始原し、万物は水に依存している」ゲーテ

※ゲーテ・・・自然科学者で詩人・小説家・劇作家・政治家など様々な顔を持つドイツの文豪

水分の補給は生命の維持はもとより、人体の健康・美容を保つ上で欠かせない大事なものです。

人間には、身体の内部環境を常にベストな状態でバランスを保ち続ける『恒常性』という機能があり、水にはそれを維持し体力を培う力あります。

 

人間は、空気+水+食物によって生かされています。

成人は、何も食べなくても水さえ飲んで入れば2週間は生きられるといいます。

水分が不足すると、体内の老廃物を体外に排泄しきれなくなるし、それが不十分だと色々な症状が出ます。

老化にしても、実は体内の水分不足が関係しています。

「綺麗な人は水を飲んでいる」そんなCMあった気がします。

水は6大栄養素であり、健康の根幹に関わる問題として最も関心をよせるべきものではないでしょうか?

それなのに当たり前すぎて忘れられている気がします。

 

人体と水の働き

人間の60%は水でできているのは有名な話です。

水は、各組織の細胞を通り体内を一巡します。

その働きとしては・・・

  • 栄養素や酸素などを運搬し細胞を養う
  • 筋肉の収縮や神経の情報伝達
  • 体温の調整 

体内で多くの物質を溶かしこみ、物質の運搬や生体内における反応を円滑におこないながら、また細胞内の新陳代謝をスムーズに行えるよう老廃物を体外へ排泄するためのサポート役を果たしています。

 

身体の水不足と生命の危険

人間は、生体内の水分含有量を10%失うと生命の危険が生じ、20%失うと完全に死んでしまうそうです。

水不足な大地

まさに体内の水は、命に直結している『生命の水』と言ったところでしょうか。

その水が不足する脱水には特に気をつけたいものです。

そして、この水に異常が起こると、病気になったり最悪な場合は生命を維持できなくなることもあるのです。

 

人は無意識に水分を喪失している

人体には発汗以外にも無意識に水分を喪失しています。

体温を一定に保つために、呼吸や皮膚からも水分を体外に出すことを無意識に行なっています。

その他、体内には唾液・胃液などといった消化液も水分を失う出口になっています。

ここで失われる水分は、分泌と再吸収を繰り返し体内を循環しますが、初めは綺麗な水でも循環を繰り返すと水質がきたなく劣化していきます。

「それは大変だ」ということで、人体のろ過装置でもある腎臓が水を綺麗にするためにせっせと働くわけです。

腎臓のイラスト

その腎臓によって処理された老廃物は、汗や尿として体外に排出されます。

このような流れを考えると、水質がきたなく劣化した水分が循環し続けることは、腎臓にとって負担となり、将来的に腎機能の低下を招く要因の一つにもなりそうです。

 

腎機能を守るための水分摂取量

身体の活動量や環境など、1日に出入りする水の量によって異なりますが、一般的な水分の排出量は、尿・不感蒸泄(発汗以外の呼吸器・皮膚などからの水分喪失)・排便などもろもろで合計2リットル弱ほど。

一般的に言われている水を「1日2リットルは摂取しましょう」は、こういった背景からきているようです。

もちろん、一度に大量摂取するのではなく、こまめに摂取するようにしてください。

 

注意ポイント

本来、健康な状態と言われる人は、自然な喉の渇きを感じるが高齢者になると摂食(飲)中枢である視床下部の機能低下などで喉の渇きを感じにくくなります。

そのため、喉が乾かなくても定期的に水分を摂取する習慣をもつことが必要です。

おいそれ薬なんて飲んでいる場合ではないです、水を飲みましょう。

 

副作用のない薬の効能

水は健康維持のために、さまざまな機能があります。

自然の湧き水

  • 体温の調節
  • 自律神経の調和
  • 食欲増進作用
  • 消化吸収
  • 体液循環
  • 新陳代謝促進
  • 排泄

《水の薬効》

  • 鎮静作用
  • 解熱作用
  • 稀釈(きしゃく)作用・・・濃度を減少する作用
  • 利尿作用
  • 強壮作用
  • 睡眠促進

特に自然の水がおすすめで、自然の水には・・・

  • 炭酸
  • 水素
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ミネラル

などがバランスよく含まれます。

水道水のカルキによる健康被害など示唆されますが、一応ガイドライン上はクリアしているのであまり気にしない方が良いのではないでしょうか。

どうしても気になる方は、カルキを抜く方法などの情報をインターネットで調べて、ご自身が納得できる方法を選んで取り組んでみてください。

沸騰させる方法などもありますが、個人的には水に木炭を3日ほど漬け込むという方法が好きです。備長炭

水分補給は、できるだけ不純物が混ざっていない方が良いので、そのまま飲むか少量の塩を混ぜて飲むことをおすすめします。

◆参考・・・楽わ式水分補給

車など文明が発達すると足腰が弱るように、現代医学に依存していると本当に大切な機能が失われてしまいます。

ぜひ、根源的なことに目を向けて水のある生活を意識する習慣を身につけましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました!