『自分で治せる身体づくり』

北川北川

金沢市若松町【痛みと歪みの根本ケア】整体院 楽わの院長きたがわのブログ『楽話』へようこそ!

バランストレーニング器具

重心バランスの回復が鍵

ぎっくり腰、あなたは経験したことはありますか?

または、最近身体が「なんかふらふらする」「なんか定まらない」そんな違和感や、実際に身体のどこかを痛めるなどの不調が増えていませんか?

それはもしかして、あなたの重心バランスが乱れているのかもしれません。

 

腰の機能『重心』

当院では、腰の機能をとても重要視しています。

→改善の秘訣:項目『基礎構造』と『基本行動』を参照

その腰を構成する要素のひとつに〝重心〟があります。

たとえば、歩くこと・立ち上がること・手を伸ばすことなど、一見するとすべて違う動作です。

しかし、人体が正常な動作を行う場合には、これらの動作すべて腰から始まるという共通点があります。

この腰が決まっていない状態で、身体を不用意に前かがみにしたり、高いところに手を伸ばしたりするために局所的に負担がかかり、やれぎっくり腰だとか、肩を痛めたりといった状態になってしまうのです。

 

重心の位置

重心をあらわす骨格の図

教科書的な重心の位置は、仙骨のやや前方のちょうど第2仙椎の高さにあるとされます。

体型や性別でも個人差はありますが、身長の55〜56%ほどの高さにあります。

今回は、その重心の高さにある「丹田を意識したエクササイズ方法」をご紹介しようと思います。

これを身につけることで、故障しにくい身体づくりが可能になります。

 

重心トレーニング

ステップ1

まずは丹田を感じましょう!

方法は簡単です。

  1. 握りこぶしをつくる
  2. その握りこぶしで、おへそ・おへその少し下をたたく

重心トレーニングステップ1実演写真

その時に下っ腹の奥の方にグッと力が入ると思いますが、そこが丹田の位置です。

わかるまで根気よく続けここでしっかりと丹田の感覚を身につけておきましょう。

これだけでも、腹筋(圧)の鍛錬になりますよ♪

※お腹を叩いた際に息を吐くようにすると安全です

 

ステップ2

丹田を意識して呼吸をしてみましょう!

  1. 丹田の位置がわかったら、丹田の位置にゴムボールをイメージ
  2. そのゴムボールが、お腹の中で小さくなったり(吐く)大きくなったり(吸う)をイメージしながら繰り返す

しっかりと、身体の内側に意識を向けて丹田や呼吸法、イメージをしながら行いましょう。

 

ステップ3

丹田呼吸を応用してみよう!

ステップ2で紹介した呼吸を用いて、瞑想を行います。

瞑想と聞くと難しいなんて思ってしまうかもしれませんが、できるところから実践していきコツをつかめれば簡単です。

実はこれ、私が空手の現役時代にやっていた中国拳法由来の鍛錬方法です。

この鍛錬法をしていた時は、イメージが浮かんだ瞬間にそのイメージ通りのことが起きるという不思議なことを経験しました。

空手の組手中に、パッと頭の中に相手の顔面に上段回し蹴りが入るイメージが浮かび、次の瞬間にはその通りになっていたのです。

とっても摩訶不思議な経験でした。

ということで、その実践方法をお伝えしますね。

まずは、姿勢です。

  1. 足幅は肩幅くらいで立ちます
  2. 膝は軽く曲げて、お尻を少し突き出すような格好をとる
  3. 手は大きな風船を持つように身体の前へ(コツ:意識は手の小指側に強く持つ)

丹田呼吸法実践写真

この姿勢で次のようなイメージを行います。

  • 足の裏で地球を吸い上げるイメージ(コツ:体重は足の親指側にのせる)
  • そこからエネルギーが足を螺旋状に上がってくるイメージ
  • 前に抱えた風船は強く抱えすぎると割れるし弱すぎると飛んでいくイメージ

これらをイメージしながら丹田呼吸を行なっていきましょう。

「今晩何食べようかな?」など思考は止めましょう。

イメージのみ頭の中に浮かべて、より鮮明にイメージできるようになるともう免許皆伝です。

※イメージ方法はご自身のイメージしやすいものでも大丈夫です

私は以前、引っ越し屋さんで何年か勤めていた経験がありますが、おかげさまで腰を痛めたことは一度もありませんでした。

これらを繰り返すことで、丹田を意識しながら腰が決まった状態で動作できるようになるので、故障することも少なくなりますよ。

当院の整体による重心調整もオススメです♪

今回は、初級〜中級の重心エクササイズをご紹介しましたが、機会をみて中級〜上級編もご紹介させていただきますので乞うご期待。

たとえ3日坊主であっても、それを続けていけば必ず実になり花が咲きます。

60点で完璧を目指してぜひ挑戦してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました!