『自分で治せる身体づくり』

北川北川

金沢市若松町【痛みと歪みの根本ケア】整体院 楽わの院長きたがわのブログ『楽話』へようこそ!

楽になったイメージ

腰痛がどうしても気になる方へ

腰が痛い、身体がだるい、足に痺れがある、これら異常感覚は誰にでも経験があることではないでしょうか?

一般的に腰が痛いと結構こたえるので特に問題となりますが、身体中どこであっても痛みを感じる理由というのは同じ原理です。

そして、これらの症状が起こる背景には、日常生活にほとんどの原因が隠されています。

今回は、そのように不調があり中でも、腰痛がどうしても気になる方への改善法をご紹介しようと思います。

 

原因は病院でもわからない!?

身体に起こる様々な不調、原因は〇〇など言われていますが、なぜそうなるのかは実は誰もわかっていないというのが本当のところ。

病院で診てもらう場合は、まず「レントゲンを取りましょう」と大半は画像診断から始まります。

画像上でなんら変化がみられなければ、疲れが溜まってる、老化現象、湿布を貼って様子をみましょうと言われます。

腰の骨がズレていない、骨と骨の間隔、ヘルニアの有無など画像で明らかに変化がみられると、これぞとばかりに、この骨がズレているからとか、椎間板が飛び出て神経を圧迫しているなどと言われます。

じゃあ、画像上でみられた変化を治せば良くなるのか?というと必ずしもそうとは限りません。

骨がズレていたので手術で元に戻して術後は痛みがなくなりました、でもしばらくしたらまた同じ痛みがでていきました。

ヘルニアを切除しました、術後は痛くなくなりました、でもしばらくしたらまた同じ痛みがでてきました。

私が病院で勤務しているときに良く聞いた言葉ですし、レントゲンで骨のズレなど明らかな変化がある人であっても痛みを全く訴えない人も多くいます。

逆に、レントゲンではわからないような背骨の多少のズレがあるだけでも、痛みを訴える人はたくさんいます。

このような見立てを繰り返す限り、病院で原因を特定することはなかなか難しいのではないでしょうか。

お手上げの医者

どうやって起こる異常感覚

当院では再三、痛みは脳で感じることやそのメカニズムをお伝えしていますが、今回は末梢周辺を中心にみてみましょう。

異常感覚の大部分は筋肉を主とした周囲の軟部組織の内圧が変化することで起こります。

その過程で、神経が引っ張られて緊張したり、圧迫されたりと物理的変化を起こすのです。

そして、その信号が脳に送られて異常感覚として認識します。

その感覚には個人差があり、人によって感じ方は様々で、多少の物理的変化があったとしてもいつでも痛みを感じるとは限らないのです。

 

腰の痛みをとる極意

さて、そんな気まぐれに私たちを困らせる痛みを改善させる極意があります。

それは、シンプルに〝動く〟ということです。

 

動き方のコツ

まずは動いてみましょう!

  1. 全く動けない→動けるようになってから(安静に何日か過ごせば痛みは減少します)
  2. 痛みがある→痛い動きはしない→痛みのない動きもしくは楽な動きを探す

この2パターンで見ていきます。

その中で痛みがない動きや、気持ち良さを感じるような楽な動きがあれば、その動きを繰り返しましょう。

痛みのない楽な動きをみつけて実行することが、身体を良い状態にもどして痛みをとるための極意なのです。

昔よりは少なくはなりましたが、痛みを我慢してがんばりましょう!と指導しているところもまだ見受けられます。

しかし、痛みは警告です。

我慢することで痛みに慣れるので、良くなっていると錯覚するかもしれませんが、

  • 身体の警告を無視
  • 損傷部分の悪化
  • 痛みをかばう身体の代償動作
  • 痛みに耐えるストレス

など、法則を無視した身体を悪くする要因になるのでご注意ください。

 

実践してみよう!

前屈・後屈

  1. 足を肩幅に開きまっすぐの姿勢からゆっくりと身体を前後に倒す
  2. やりやすい方をみつけて繰り返す

前・後屈する女性イラスト

例)後ろに倒すのが楽→まっすぐの姿勢から後ろにゆっくりと10回ほど倒して起こすを繰り返す

膝倒し

  1. 仰向けで寝て両膝を曲げます立膝の姿勢をとる
  2. 左右に膝を倒してみてやりやすい方をみつけて繰り返す

膝倒しの実践写真

例)右に倒すのが楽→立膝の姿勢から右にゆっくりと10回ほど倒して起こすを繰り返す

カエル足

  1. うつ伏せでまっすぐの姿勢で寝て、そこから左右交互に膝をわき腹の方まで引き上げてみる
  2. やりやすい方を見つけて繰り返す

カエル足実践写真

例)右に引き上げるのが楽→まっすぐの姿勢から右にゆっくりと10回ほど引き上げて戻すを繰り返す

コツは全身の力を抜いてすべての動作をゆ〜っくりと繊細に行いましょう!

もう一度言いますが、痛みのない楽な動きをみつけて実行することが、身体を良い状態にもどして痛みをとるための極意です。

初めは感じにくいのですが、やればやるほど気持ち良さもわかるようになります。

方法自体はとっても簡単なので、腰の痛みがどうしても気になる方は今日から挑戦してみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました!