『自分で治せる身体づくり』

北川北川

金沢市の出張専門整体院【痛みと歪みの根本ケア】整体院 楽わの、院長きたがわによるブログ『楽話』へようこそ!

注意を促す医者

腰痛にはこんな危険も隠れています

「腰痛の治療をしているが、なかなか良くならない・・・または、痛みはあるが特に治療はせずに放置しているあなたへ」

 

過去の臨床経験から

私が接骨院で勤務していたときの話です。

 

クライアントの年齢は70代の男性。

 

腰痛で来院されましたが、少し前からじっとしていても痛むようになってきたので何とかして欲しいということでした。

 

問診・検査後に治療計画の説明をさせていただき、結果によっては病院の受診も視野に入れることをお伝えして施術を開始。

 

1ヶ月の間に約8回程通院していただき、私も精一杯施術させていただきました。

 

しかし、残念ながら症状は若干痛みが緩和した程度。

 

「このままだらだらと施術を継続しても結果は出せない・・他に要因があるのではないか?」

 

と思い施術を打ち切ることになりました。

 

そして、事前にお伝えしてあった病院の受診を勧めました。

 

施術終了その後

 

しばらく経って、接骨院に私宛の電話が1本かかってきました。

 

あの男性からでした。

 

病院を受診し検査してもらった結果の報告でした・・・

 

「骨盤にガンがみつかりました」

 

とのことでした。

 

腰痛の原因は、骨盤にみつかったガンだったのです。

 

「病院への受診を提案していただいたおかげで、早期に発見できました。ありがとうございます!」

 

なんと、ありがたいことに感謝のお言葉もいただきました。

 

 

あのときクライアントのことを考えずに、ただ世間話しをしながらだらだらと流れ作業のような施術を行っていたら、あの男性はどうなっていたのだろう?

 

・・・考えただけでゾッとします。

 

当時、しっかりとしたシステムのもと勤務させていただていた接骨院には本当に感謝です。

 

痛みの役割と判断

痛みなどの不調は、身体を危険から守るための警告のサインです。

 

怪我の痛み、筋肉由来の痛み、内臓由来の痛みなど。

 

さまざまな種類の痛みがあり、それは原因を探るための判断材料にもなります。

 

どうか痛みを不要なものとは考えずに、そのように認識していただくことは自分を守ることにもつながります。

 

今現在、痛みを感じているが「放っておいても治るだろう」と放置していませんか?

 

ご紹介したような特例もあり得ますのでご注意くださいね。

 

何かご質問等あれば、当院までお気軽にご連絡ください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!