『自分で治せる身体づくり』

北川北川

金沢市の出張専門整体院【痛みと歪みの根本ケア】整体院 楽わの、院長きたがわによるブログ『楽話』へようこそ!

ウイルスを傘で防ぐ男性

寒い冬の時期には、ウイルス性の感染症が猛威をふるいます。

ある日の夜、うちの洗濯機はフル稼働でした・・・

腰痛や肩こりetc…、身体の不調に一見関係なさそうだけど関係のあるお話です。

ピンチ、そして気づき

猛威!ウイルス性胃腸炎

先日、私の娘(1歳)がウイルス性の胃腸炎にかかりました。

その娘が通う保育園では、それにより同じ組内の半数以上が欠席という猛威っぷり。

娘は、機嫌こそ悪くなかったものの・・・

Is this Singapore?=ここはシンガポールですか?

って思うくらい、マーライオンを想像させるくらい尋常じゃないくらいの量を嘔吐。

衣服・タオル・布団のシーツなど、吐物でウイルスがついたものは水洗いしてすぐに洗濯機へ。

ウイルスの感染には注意しながらも「自分は大丈夫だろう」と、どこか他人事のように油断していたところがあったのかもしれない。

その2日後、私は娘と同じようにウイルス性の胃腸炎で苦しむことになりました。

ウイルス性胃腸炎で得た気づき

今回の病を経験して、得た気づきが4つあります。

  1. パートナーのありがたさ
  2. 子供ってつよい
  3. 先人のすごさ
  4. お腹って大切

1.パートナーのありがたさ

今回だけではないのですが、改めて思ったのがこれです。

小生はイタリア人ではないので素直に本人には言えず、ここに記すことで言ったつもりになっている。

そして、あとはテレパシー頼り。

当院は1人で運営しているため、個人プレーと勘違いしがちだが、影で支えてもらってのチームプレーなんだなと改めて気付かされた次第でありました。

2.子供ってつよい

過保護に育てている親御さんに告ぐ!

「子供って案外つよい」と。

熱が40度近くあろうが、尋常じゃない量を嘔吐しようが、目の前の目標(遊び)に向かって突き進む精神。

1歳の娘から、生きる強さを学びました。

意識が朦朧としてぐったり、嘔吐・下痢が止まらない、血便、脱水様症状など、あきらかにいつもと様子が違う場合は病院へ相談しましょう

3.先人のすごさ

症状が若干落ち着いてきて、まだいつもの様に食事が取れないながらも、かろうじて胃が受けつけたものがありました。

それは、奥さんにつくってもらった『味噌のおかゆ』とトッピングの『梅干し』でした。

この味噌の塩分と風味、梅干しの酸味が病んだ身体にベストマッチしたのです。

普段では味わえないような、たまには体調を崩してみるのも悪くないと思わせるほどの衝撃があり、ふと「先人ってすごいなぁ」と考えさせられました。

今より情報量が格段に少ない中、畑や田んぼで作物をつくり、お味噌や梅干しなどの保存食を編み出し、古からのロングセラーを記録しているのだから。

今でこそ、フグを安心して美味しくいただいたりしていますが、そこに至るまでには多くの犠牲もあったはずです。

本当に感謝いたします。

4.お腹って大切

人間には、腹圧というものがあります。

これは、背骨や腰・お腹周りの筋肉と共に体幹を支えるための、大切な要素の1つです。

それらの要素がしっかりと働き、身体の中枢が安定することによって、身体の連動がスムーズになります。

ウイルス性胃腸炎は、文字通りウイルスによる胃腸の炎症なので、食欲はもちろんお腹には力がまったく入らない・・・

いわば、腹圧が機能せず身体の中枢が不安定な状態なので、身体の連動がうまく行えない状態です。

座った姿勢から起き上がるだけでも一苦労、子供を抱っこするのもちょっとした米俵を抱えるような、いつも通りの動作がしんどいんです。

案の定、ウイルスによる炎症反応もあいまってか、翌日には首の筋を寝違えたような普段はならないような症状に苛まれました。

※もちろんその後は身体のバランスを整えるケアでリセットしておきました

ピンチはチャンス

注目すべきはお腹の大切さ

そんなこんなで大変だったのですが、今回の総論としてピンチはチャンスではありませんが、とても良い機会になったと実感しました。

上記に述べた通り、4つも気づきを得ることができました。

その中でも、身体の専門家としてとくに注目して欲しいのが、お腹の大切さです。

このお腹を含め体幹が決まらないと、身体の中枢が不安定になり、抹消に負担がかかりやすくなってしまいます。

今回の様に、内臓系の不調により腹圧を機能させられないかもしれません。

姿勢の悪さにより、腹圧が低下して体幹が不安定になっているかもしれません。

そして、これらには相互関係があり、内臓の不調があると姿勢も悪くなるし、姿勢が悪いと内臓機能の低下にも繋がります。

この様な状態では、いつもなら10の負担で30回復するものも、30の負担がかかり10の回復しか得られなくなります。

逆にいうと、腹圧がしっかり機能して、背骨や腰・お腹周りの筋肉と共に体幹を支え、身体の中枢を安定させることができれば・・・

身体にかかる負担を減らすことができるし、結果的に回復量まで促進してくれることにもなるのです。

人生山あり谷あり

『人生山あり谷あり』とは言われますが、物は考えようで谷を経験するからこそ山を登った時の感動もより一層深まります。

嫌なことがあっても、良いことがやってくるし、嫌なことを経験しているからこそ、良いことをより良く感じ、引き寄せる力になるはずです。

何がきっかけでどう転ぶかはわかりません。

どんな時でも人生腐らずに、少しでも楽しみを見いだしていける観点を持ち続けていきたいと思いました。

寒い冬の時期は、ウイルス性の感染症が多発する時期でもあります。

体温も下がりやすく免疫力の低下も考えられ、乾燥する気候故に感染率も上がることが予測されます。

賛否ありますが、定番の手洗いうがいはしっかりと行いましょう。

また、身体の三首(首・手首・足首)をしっかり保温して、体調管理をいつも以上に気をつけながらお過ごしください。

手洗い中

まとめ

ピンチはチャンス

人生山あり谷ありで、谷を経験するからこそ山頂からの眺めは絶品なり。

日頃の感謝も忘れずに。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

『自分で治せる身体づくり』
金沢市の出張専門整体院【痛みと歪みの根本ケア】
整体院 楽わ
change@rakuwaseitai.com
080-8696-2061

楽話エンディング